進化を続ける証券会社

進化を続ける証券会社

証券会社の面接で必要とされるポイント

 

金融業界は就活生から人気の高い就職先で、中でも銀行と保険、証券は特に人気が高く就職倍率も高い業界になります。
中でも証券会社への就職はハードルが高く、高学歴の人しか採用されないイメージも強いようですが、実際のところはどうなのでしょう。
証券会社では大卒以上の人材を募集していることも多いですが、会社によっては高卒や専門卒でも可となっていることもあります。しかし大手企業になると選考基準が大卒以上になっていることも多いため、証券会社への就職活動を考えるなら大学は卒業しておいたほうが良いでしょう。
有名大学を卒業していると高評価を得られそうに思えますが、証券会社の場合、大卒であることはあくまで選考基準であるため、必ずしも高学歴の人が採用されるとは限らないのだそうです。
在学中に経済や金融、経営について学んでいた場合、選考で有利になることもありますが、どの程度勉強しているかを重要視されるため、ただ学部や学科を卒業しただけではプラスに働かないこともあるのだそうです。
証券会社の面接では、どのように金融や経済について学んできたかアピールすることが大切です。経済について知識や経験を積んでいることは、最大のアピールポイントになるでしょう。

 

向上心がなければ続かない

 

実力がものをいう証券会社では、新卒でもある程度のスキルや知識を求められることがあります。入社してすぐに自己裁量が必要になることもある仕事なので、一定の知識や能力を必要とされます。
また、証券会社は常に経済や政治などの動向を探らなければならない仕事なので、毎日が勉強の繰り返しです。
証券会社に就職する場合、仕事への理解が低ければ長続きすることは難しいでしょう。自分の知識を蓄えることによって、それが顧客を納得させられる提案力につながりますので、証券会社で働くには仕事への理解が必須となるでしょう。

 

リスク対応できるKOYO証券

 

KOYO証券も求める人材像は同じです。経済や金融は時代とともに移り変わっていくので、それに対応できる臨機応変な人材をKOYO証券では求めているといいます。
KOYO証券は顧客とのつながりと信頼関係を重視しており、Face-to-Faceの営業スタイルにこだわっています。KOYO証券が顧客から信頼されるのは、豊富な知識と経済や金融情報を蓄えているからといえます。
KOYO証券の社員は顧客にベストな商品を提案できるよう、常に新しい情報を取り入れ積極的に勉強に励んでいるのだそうです。KOYO証券はさまざまなリスクに対応できる、プロフェッショナル集団ともいえるでしょう。KOYO証券は自ら高いハードルを設定し、チャレンジし続ける人材を求めているのだそうです。