証券会社へ入社するには

証券会社へ入社するには

KOYO証券の職場環境

 

KOYO証券は社内で明るい会話や元気なあいさつが響いてくる、人間味あふれるアットホームな社風の証券会社だそうです。KOYO証券は周りの社員とコミュニケーションがとりやすく、上司や先輩にも気軽に相談できる環境が整っているようです。
KOYO証券は証券会社としては新しいスタイルのため、スキルアップをはかれる研修制度が充実していたり、女性社員を支援するジョブリターン制度が設けられていたりと、社員を成長させる制度も用意されています。
社員がワークライフバランスを保ちながら仕事ができるよう、KOYO証券は職場環境の整備と社員満足度の拡充に取り組んでいるのだそうです。

 

KOYO証券のOB・OG訪問をする

 

KOYO証券への就職を希望するならまずはOBやOGを訪問し、会社についていろいろ質問をしてみると良いでしょう。
どういった社員が働いているのか、実際働いてみてどのように感じているのかなど、気になることは全て質問しておきましょう。
証券会社はリクルーター制度を取り入れている会社も多いため、他の業種の企業よりOBやOG訪問について積極的といわれています。
OBやOGたちの本音や仕事の実情を聞くことで、ベールに隠されていた企業の一面が見えてきます。仕事のやりがいや喜びなども聞いておくと、入社してからのイメージもわきやすいのではないでしょうか。
KOYO証券でもOB・OG訪問は可能なので、先に入社している先輩たちにいろいろ話を聞いてみましょう。リアルな職場情報などを聞くことが可能とのことなので、、一度はOB・OG訪問をしておいたほうが良いでしょう。

 

KOYO証券の新卒採用サイトを見てみる

 

新卒採用サイトをチェック

 

証券会社へ就職活動を行う場合、まずは会社概要や企業理念、募集要項などを調べなくてはなりません。
企業の公式ホームページなどに掲載されていることもありますが、新卒採用専門サイトなどもありますので、最近ではインターネットの求人募集サイトを利用している企業も少なくありません。
証券会社に限りませんが、企業へのアプローチはWebサイトからエントリーを行うのが一般的です。
エントリーシートを提出後、企業の説明会に参加します。企業によっては説明会と一次選考を同日に行うこともあります。KOYO証券では会社説明会と一次選考は同日に開催されているようです。
一次選考を通過した場合、次は筆記試験や適性検査を受けることになります。筆記試験は一般常識や作文などが行われ、適性検査はSPIと呼ばれるテストを受けます。SPIは性格判断や能力判断などのために行います。
面接回数は会社ごとで異なりますが、複数回にわたって面接を行う会社が多いようです。採用となれば内々定をもらえます。