証券会社の魅力とは

証券会社の魅力とは

証券会社の魅力とは

 

今も昔も就職先として人気の高い証券会社ですが、なぜこれほど証券会社で働きたいと望む人が多いのでしょう。
証券会社の大きな魅力は、経済の変化を肌で感じながら仕事ができるといった点ではないでしょうか。政治や治安、海外情勢などで大きく変動する経済を間近に見ながら働くというのは、証券会社ならではといえます。
大手企業がいきなり経営破たんすることもあれば、小さな企業がヒット商品を開発し、いきなり上場することもあります。
政治が混乱しているときや海外でテロが起きると、為替や株式が大きく変動します。経済や金融に興味がある人にとって、こうした経済変化を感じながら働けるのはとても魅力に感じることでしょう。
また、自分の裁量によって顧客に利益を生むことができたとき、最高の喜びを感じることができるといいます。成果を出すことによってさらに大きな取引を任されることもありますので、この仕事に魅力を感じる人も多いことでしょう。

 

KOYO証券の概要と沿革

 

KOYO証券は昭和38年年2月14日に設立した会社で、さまざまな種類の金融商品を顧客に提供しています。
資本金は10億円で、本社所在地は東京都中央区東日本橋2丁目13番2号です。東京都中央区東日本橋に位置する本社分室と名古屋支店、大阪支店、広島支店、福岡支店を開設しています。
KOYO証券は日本証券業協会と日本商品先物取引協会に加入しており、東京金融取引所と大阪堂島商品取引所で取引を行っています。
KOYO証券はもともと大同物産株式会社という名称で名古屋に設立しており、平成3年12月に光陽グループに加入したのだそうです。
平成12年には名古屋から東京へ本社を変更し、翌年には商号を光陽ファイナンシャルトレード株式会社に変更しています。その後、平成23年の9月に現商号のKOYO証券株式会社に変更し、平成29年には投資信託と現物株式の取り扱いを開始、平成30年に信用取引の取り扱いを開始しました。

 

対面営業を主流としているKOYO証券

 

KOYO証券は業界トップクラスの実績を誇り、これまでデリバティブの運用とリスク管理ノウハウを蓄積してきました。
KOYO証券はインターネット主流の現代において対面営業を崩さず、Face to Faceの営業スタイルを確立しています。
顧客とコミュニケーションをはかることで信頼関係を築き、顧客の望む商品を紹介できるよう心掛けているといいます。KOYO証券は顧客のニーズに応えられるベストな商品を提供できるよう、社員たちは常に新しい情報と知識を身につけているのだそうです。